■働きがいを奪うもの■




■社会のしくみと働くこと

 人間が生きるための条件はなんでしょう。まずは「食べるもの」ですね。そして衣や住。なぜか日本では昔から順序が衣食住ですが、こうした生活手段なしには人間は生きていけません。

 動物も生きるために必要なものを獲得するために活動していますが、人間は衣食住などの生活手段を「労働」、つまり「働くこと」で獲得してきました。

 サルの群れに別れを告げて、地上の降り立ち二本足で歩きはじめた人間は、「手」を使って自然に働きかけ、集団の力で厳しい自然とたたかい生きてきました。集団労働のなかで合図の必要から言語とそれによる「考える力」(理性)を獲得し、自然の法則を認識し、道具の制作のなかで「かたち」へのこだわりから美的感情を豊かにし、理性や感性を培い、長い歴史のなかで科学や芸術を発展させ、「人間らしさ」を身につけてきました。

 原始時代の人間は、集団で労働しその成果を平等に分配していたのでしょう。氏族ごとの対立はあっても同じ集団のなかでは対立した人間関係はなかったようです。ところがやがて生産力の発展にともなって、他人の労働の成果を搾取することが可能になり、奴隷制、封建制と社会のしくみが変化・発展し、今日の資本主義社会となりました。

 資本主義社会では、労働者が労働によって生みだした成果の多くを、資本家が搾取しています。他社との競争に勝つために、資本家は「もうけ」が第一の目標となり、労働者を長時間・過密で働かせ、賃金を抑え、労働者の「働きがい」を奪い、ときには「命」まで奪うのです。

■利潤最優先の働かせ方

 働くことには独特のおもしろさがあります。会社は、労働者の「やる気」を引きだしうまく利用します。いま日本中でひろがっているのが、成果主義賃金です。「成果に応じてたくさん賃金を払うからがんばりなさい」とあおるのです。「労働の成果」などどうしてはかるのでしょう。お金で勘定できるものではありません。本来賃金は「生活費」が原則で、先輩たちは人間らしく生活できる賃金を要求してたたかってきました。ところがその原則をふみにじり上司の勝手な判断で「成果」をきめ賃金を支払うシステムがひろがり、いま労働者どうしが苛酷な競争のなかで、心も体も破壊されつつあります。

 また労働者を正規雇用せず、パート・アルバイト・派遣・請負・臨時・非常勤など非正規で雇い、きわめて低い賃金で無権利な労働条件で働かせ、大きな利益を得ています。

 過労死で夫を失った方が、働きすぎる息子に「お願いだからムリをしないで」というと、「お母さん、会社を辞めろというのか」と答えました。みなさんはどう思いますか。

 この社会のしくみのなかで、どうしたら人間らしく働き生きることができるのでしょう。



■学んで元気、働きがいある職場と社会を

■学ぶことの大切さ

「働くってなんだろう」。この根源的な問いは、とっても大切です。働くことに悩み、苦しみ、考えている人は、健全です。いまの24歳以下の若者の半数が非正規雇用で、正規雇用の人も長時間・過密の最悪の条件で働かされています。働くことに疑問を抱き、不安や怒りをもって当然です。その若者たちがたたかいに立ち上がるとき、日本の歴史はうごきます。職場も社会もかならずかわります。たたかわなければ、もっと悪くなります。不満や怒りだけではたたかいに勝てません。たたかうためには知識がいります。組織もいります。いまの若者は学ぶことや組織がきらいだと思われていますが、そんなことはありません。学べばだれと手をつなぎ、だれとたたかうかが見えてきます。学ぶことが楽しくなります。ただ身近なところに「組織」がないか、あっても気がつかないだけです。JRには「国鉄労働組合」という組織があります。学ぶときにもたたかうときにもしっかり支えてくれます。

怒っていても、どうしていいのかわからない人は、「結局自分の努力が足らないから」とあきらめてしまうのでしょう。これでは政府・財界の政策(非正規・無権利の労働者をふやし、財界の利益がふえる)の思うツボです。

JRの職場にもどんどん非正規労働者がふえ、下請け労働者もいっぱいいます。正規のJR労働者に少ない人数で重い責任が課せられ、成績主義ももち込まれました。民営化されたJRは利用者へのサービスは二の次で利潤最優先、いま「官」「民」問わずたいへんです。空前の利益でうるおう大企業では労働組合が抑えられ「管理」され、中小企業では産業「空洞化」で仕事はへり、あっても大企業の横暴で低い単価で赤字経営。知識や技術をもつ優れた労働者の働く条件を改善する力を奪われています。「アベノミクス」で大胆な金融政策を行ってきていますが、経営者はより一層の収益を上げるため、労働者を使い捨てにしています。どこで、どんな仕事で働いても、この「搾取のしくみ」からはのがれられません。みなさんの尊い労働の成果が日本とアメリカの財閥に吸い上げられているのですね。

■搾取もなく働きがいのある未来

どんな職場で働こうと、怒りの「爆発」がかならずきます。問題はその場に、たしかな組織と知識に支えられて生きる仲間がいるかどうかです。読者のみなさんの存在は、はかりしれない大きな意味があります。「人間らしく働きたい」という仲間の願いを一つに一歩踏みだすチャンスです。資本主義をのりこえた未来社会は、主な生産手段が国民のものになり、搾取も抑圧もない社会です。労働時間も大幅に短縮され、文化・芸術・スポーツが楽しめ、人間発達の可能性が大きくひろがる社会です。それは「働くこと」がそのまま「人間らしく」なる社会です。そんなすてきな未来にむかって一つひとつ小さな要求の実現をかちとり、社会を大きくかえる基盤をしっかりきずいていきましょう。